中年太り 痩せ方

40代に中年太りが多い理由

30代までは食べ過ぎてもすぐに体重が戻っていたのに、40を過ぎた頃から
どんどん右肩上がりに増えるのは珍しい事ではありません。

 

食べている量は今までと変わらないのに、中年になると
太るのは体の中で何が起こっているのでしょう。

 

女性の中年太りには、色々な理由があるのですが、
大きな理由として挙げられるのが、加齢が原因の筋力の低下です。

 

 

筋肉が落ちると基礎代謝量が落ちてしまうので、
1日の消費カロリーがぐんと下がってしまいます。

 

 

今までの食事量ではカロリーオーバーとなってしまい、
体重が増えるという訳なのです。

 

 

また、次の理由として女性はホルモンの影響を受けやすい動物でもあります。

 

 

中年太りを感じている女性の中でも、特にお腹周りのお肉が
増えたと感じている場合、ホルモンの減少の影響を
受けていると思って良いでしょう。

 

 

女性ホルモンの分泌が盛んな時には、女性らしさを出すようお尻や
二の腕などに適度に脂肪がつくように計算されています。

 

女性ホルモンが減少しだすと、脂肪を分解しなくなっていくので
お尻や二の腕はそのままで、筋肉があったお腹周りを
中心にぜい肉がつきはじめます。

 

 

ホルモンの減少は加齢によるものがありますが、
その他にもストレスが理由の場合も多いのです。

 

 

ストレスの多い生活を送っていると、ホルモンバランスが崩れてしまい、
過度な暴食も相まって太ってしまうのです。

 

 

中年太りの特徴として、
皮下脂肪でなく内臓に脂肪が溜まりやすい点もあります。

 

 

そして中年太りの理由として、
ライフスタイルの変化に伴うものも考えられます。

 

 

今までバリバリ働いて体を動かしていたのが、妊娠を期に仕事を辞め、
子供を出産したらそのまま子育てに追われて運動する機会がない、
などがそれに当てはまります。

 

 

また、子育てが少し楽になって人との外食が増えたり、
今までのように体を動かしていない事に気付かないまま
基礎代謝は減り続けている、なんて事もよくある話なのです。

 

 

ストレスなどが原因で活性酸素が多く、体が錆びてしまっている人は
それだけ老化が早いので、40を待たずして中年太りになっている人もいます。

page top