中年太り 病気

中年太りでなりやすい病気にご注意

年をとったから、若い頃とは違うのだから仕方ないと
中年太りを放っておくと、病気のリスクが高まる事があります。

 

この中年太りが原因で引き起こされる病気は、
少しケアすれば治るような病気ではありません。

 

もしかすると命に関わるほどの大きい病に繋がるケースも少なくないのです。

 

中年太りがひどくなるとメタボリックシンドロームという状態になります。

 

 

メタボは内臓脂肪症候群という名前で、内臓の脂肪が血管内にはびこったり、
内臓脂肪が長く居座ることで内臓の本来の働きに異常がでる事を言います。

 

 

それによる高血圧、脂質異常を既に引き起こしており、
また2つ以上当てはまるという場合メタボリックシンドロームと診断されます。

 

 

要するに、不要な脂肪が内臓にたまる事で引き起こされる
様々な病気、と覚えておくと良いでしょう。

 

メタボはその他にも命に関わる動脈硬化や心筋梗塞、
脳梗塞といった一刻を争うような生活習慣病の予備軍でもあるのです

 

 

特に脳梗塞はその後の後遺症が出る病気でもあるため、
今後の生活にも支障が出てきます。

 

 

メタボの診断基準はウエストが男性で85センチ以上、女性で90センチの場合と併せて
血糖値が高い、高血圧、中性脂肪が高いとメタボリックシンドロームと判断されます。

 

 

また、一生付き合っていかなければならない病気として糖尿病があります。
糖尿病は中年太りの太っている人に多く、2型糖尿病と呼ばれています。

 

 

太っている人は食事を人よりも沢山とりますね。

 

 

沢山食事を摂るとグンと血糖値が上がるのですが、
この血糖値を下げるために体内でインスリンが出されています。

 

 

太っていると、インスリンの分泌量に支障をきたし、血糖を処理する事が
困難になってしまうため糖尿病を発症してしまうのです。

 

 

糖尿病は初期段階だと、きちんと治療をすれば治る病気と呼ばれていますが、
自覚症状がないのがこの病気の怖いところでもあります。

 

 

ただ、少し中年太りなだけ、と思って放置していると
ある日突然糖尿病と診断される事も少なくありません。

 

 

中年だから太るのは仕方がないと思わず
こういった予備軍にも該当しますのでご注意ください

page top